わりと有名人になりたい!と思っている私ですが。そんな記事をよく書きますけど、アフィリエイトからブログを始めたモノで、データベースタイプというか、SEOとアクセスとキーワードに一番関心があるようにも思えます。

だから、はてなブログで(ry

はじめてのステルスマーケティング雑案。

一応、8月末日までの以下のコンテスト二つ。まぁ、全く投稿がこない…という。

ブログ記事コンテスト実施中!

だいぶ前になりますが、有名人(有名ブロガー)が書く面白くない、つまらない記事…というのが話題になったことがありました。私は有名人じゃあないのですが、この記事を読んでから「つまらない記事とは?」を考えて、自分でもつまらない記事を書いてみたのですが、いっそのこと…。
つまらない記事(文章)コンテストを開催したらどうか?

という考えに到りました。
つまらない記事(文章)コンテストを開催します。賞品は500円分のアマゾンギフトカードです。 - 伝外超スデメキルヤ団劇
ブログで「あたりまえを発信」することは大事だと思います。このようなことを考えるに到ったのは、だいぶ前になります。「あたりまえ記事とは?」を考えて、自分でも、日常的にあたりまえ記事を書いてますが、いっそのこと…。
あたりまえ記事(文章)コンテストを開催したらどうか?
あたりまえ記事(文章)コンテストを開催します!賞金は500円分のアマゾンギフトカードです。 - 伝外超スデメキルヤ団劇

まぁ、やれば投稿が来るとも思ってなかったですが、こんなにもこないとは…。500円の企画が2個で2件しか投稿がこなくて、トホホ、これじゃあ赤字だよ!と、でも、良い経験ができたなー…くらいで考えてましたが、それ以前の問題。

ステマ案1。

知り合いに1投稿目を謝礼付で送って貰う。もしくは、データの受け取り、コピーコンテンツか否かの確認、アマゾンギフト券メールタイプの送付…の実験もしたいから、1投稿目を問答無用で500円進呈ということにしてしまう。

ステマ案2。

はてなの有名人に謝礼付でお願いする。パっと思い浮かぶのは、あの人とか、あの人とか…。

しかし、こういう時はどれくらい用意すればいいのだろうか?相手も私も恥を書かない金額ってどれくらいなのだろうか…。

できたら、3000円くらいで引き受けて貰えたら嬉しいけど、無理かなー。

しかし、有名人にステマしたとて、結局、1投稿を3000円で買い取っただけ…になる可能性はある訳で。

でも、何も起きないよりも、3000円使った方がいいかも知れない。

人を巻き込むのが難しい。

結局、これに尽きる。ただ、読みあおう会とか、「ナカノちゃんねる」とか、一応、独りでやってないこともあるから、それは成果かなー。

  1. 読み合おう会。(旧:はてなブックマークされたい同盟、もしくは読み合おう会、あるいは、はてブ互助会。)
  2. ナカノちゃんねる

1.は影響力が強くなりすぎると怖いけど(思ったほどなってない)、2.のクローズドSNS計画は、単純に人が多くなれば、どんどんと出てくるモノが多くなるだろうなー。

昨今のブログのあれこれは、ツイッターのフォロワー数、FBの知名度、職種等々で人気者が現れる感じがあるけれど、インターネッツにおいても、そういう部分が影響してくるのは、なんとも…。まぁ、仕方のないことですが…。


ただ、アフィリエイトにおいて、PV等々は集積と話題性で生まれますが、それとは違うコンバージョンの部分。つまり、文章コンテストの場合は、投稿数を増やすこととかが目標になってくると。案外、方法は分からなくとも、目指すところは見えてくるモノです。

昨今のリードメール界隈は分からんですが、流石メールとかに広告を出したら、多少は成果が出たりするだろうか…。

などと、言いつつ。

ついでに宣伝。

小説試し読みブログも作ったけど、全然、アクセスがねェ!

  • エスカレーター・ガールズ試し読み
  • 新婚除夜・試し読み
  • 恋愛同人小説「アナログ・カノジョ」試し読み版

Googleの利用規約に抵触しない範囲で、これらのブログに集客していくことも、人生の目標の一つだなーと。

おわります。

毎日、ブログを更新してますが。コメントなどもないことに慣れてますが。不意に何をしているのだ?と思えます。

言葉じゃあなくて、データを作っていると割り切ればよいようなモノですが、それもさびしい。