ストレスによる疲労

f:id:seesonoro:20150304172526j:plain

前回にも書いた通り、仕事が年度末に突入し、ストレスで心はボロボロ、肉体疲労で、「首痛」に「肩痛」「腰痛」と疲労困憊です。

さらに、手の使い過ぎで「手首」までが痛くなってきました。

「もうあかん・・・仕事終わったら例の場所に行かないと、死んでしまう・・・」と

例の場所に行くことを決意!誰がなんと言おうと行きますよ〜スーパー銭湯に!

 

とういうことで、今日はグレードをほんの少しだけあげて、スーパー銭湯に残業後に向かいました。

ほんの少しの贅沢「玉光湯 ひじりのね」

僕が良く行くスーパー銭湯は、「伏見力の湯」です。

理由は職場から近い、クーポンで安くなる。この理由でよく利用させてもらいます。でもスーパー銭湯の場所や地域が会社や工場が多いので、帰りに寄っていく人たちが多くて混雑してる時があります。

さらに「スポーツセンター」が隣接してるので、余計に人が多くてなんか落ち着かない。

だから本当に疲れた時は、ほんのちょっぴりだけ高くて(50円から100円ですけど)少しだけ遠い「玉光湯 ひじりのね」さんに行きます。ここのスーパー銭湯も確かに人が多いときもありますが、なんかバタバタした感じがなくて好きです。

ですから、ゆっくりと「くつろぎ」ながら、サウナとお風呂で疲れとストレスをほぐします。

短い時間で無理せず何回もサウナに入り楽しむ

僕のスーパー銭湯の楽しみかたですが、ベテランの方みたいに、サウナに12分も入ってられないです。僕の入りかたですが、順番に書いていくと、

1・かけ湯を全身に

これは当たり前ですかね。

2・日替わり湯に入る

結構これも楽しみです。ダイエットや薬湯だったりして楽しいです。

3・ジャグジーでマッサージ

実はこれが最高です!寝ながら強烈な泡水流で肩と首を揉みほぐしてくれます!

移動して立ち湯に入ってジャグジーで腰をほぐします!

このころには「はあ〜」と快感の溜息が出てしまう!

4・高温サウナに入る

この高温サウナには3段あるのですが、僕は真ん中の2段に座ります。

そして、凝りに凝った患部がじわーっと、温まりだすの感じるまで入ります。

ほんと痛い所が集中的に熱くなる、この日は「首」「肩甲骨から肩」「腰」「手首」と自分の痛いトコ全てが温まります。

約5分から7分で限界になり、サウナから出ます。

5・水風呂

17度ぐらいの水風呂に脚から腰にかけて入ります。ここで、ベテランのおじさんは頭までつかってました!スゲー!僕には冷たくて無理です。

6・再び、ジャグジーで痛いトコをマッサージします。

7・再び高温サウナに入り患部が温まると出ます。

8・長〜い休憩タイム。椅子などに座りぼんやりしてます。

ほんと何にも考えてませんよ〜ぬぼーみたいな。

9・そして露天風呂で温泉気分に浸ります。ここはタートル温泉が入っていて(亀山からの運び湯)ナトリュムや炭酸水素塩が入っているそうです。

僕はマニアではないので解かりませんが、「美人の湯」と言われてるみたい。

僕はここでヌルっとしたお湯を楽しみながら、ボーとテレビを見てます。

10・フィンランドサウナに入る

ここが、一番長いこと居ますね。低温でだいたい12分ぐらい。ゆっくりと痛い所の血のめぐりが良くなるのを楽しみます。

11・体と頭を洗う。

12・軽くジャグジーに入る。

13・かけ湯をして風呂から上がる

14・着替えてからここが重要「コーヒー牛乳」を腰に手を当て一気に飲み干す

以上!

1時間半でストレスと疲労した患部の痛みがとれるのです(僕の場合ですけど)

全行程で1時間半ぐらいです。毎回、どこのスーパー銭湯に行ってもこんなもんです。でも僕より先に来ているオジサンたちが、まだ帰られないのには驚きです。スゲーよ。ゆでだこを超えてるよ〜

ここは平日なら650円でこんだけリラックスできて、痛みとストレスが緩和できるならお得と思うのです。

で、

帰るころには、

「明日も頑張ろう」と思うことができるのが良いところです!