3ピースロックバンドとしての決意を感じたパフォーマンス

3人体制で見るライブは初めて。去年のライブ(2人サポートの4人体制)からどう変化したか非常に楽しみにしてました。

 

ライブは『空から降る一億の星』からスタート。1曲目が終わると、ボーカルの江沼さんが「ゆっくりしてって下さいねー」と一言。そんな優しい声に続いて、流れ始めたのが先日レコードストアデイ限定でリリースされた新曲『体温』。観客を優しく包み込むように、会場全体にplentyの音が鳴り響く。

 

ビバラロックって正直plentyにとってはあんまりホームとはいえない環境にあると思うんだけど、オーディエンスに対して「やってやる!」みたいな攻撃的な感情ではなくて、「良かったらplentyの曲で楽しんでください」というplentyの優しく、穏やかさに満ちた感覚を覚えました。

 

もう1つの新曲『シャララ』が終わると、新メンバーとなったドラムの一太さんにマイクが向けられ、去年この場で新メンバーになる事が決定した状態でライブを見たこと、そしてplentyとしてこれからやっていくという決意が語られました。

 

3曲目に演奏されたのは『明日から王様』。ここから最後の『枠』まで、去年までのplentyではなかなか見られなかったロックチューンの連続。この体制になってほぼ1年。3ピースバンドとしてのロック魂が垣間見えました。

 

個人的にはplentyって最後の方に『あいという』や『傾いた空』、『よろこびの吟』など、plentyのアンセムというべき心にじんわりと響かせるナンバーを持ってくるイメージがあったのですが、今回は結構ロックなセットリストで「あー。plentyってロックバンドだったんだな」って再認識させられた気がしました。

 

去年より遥かにバンドとしての力、そして楽曲そのものの力がパワーアップした事を感じ取れたライブでした。

 

なにより江沼さんがその場の空間を楽しんでいたのが個人的に嬉しかったです。ライブ中に何回も出ていた「イェー」や「ハー」という歓喜や幸福感のある声。そんな声を聞けただけで、こっちも幸福な気持ちになりました。

 

2人体制時代にストリングスを入れたアルバム(『re(construction)』)を作るなど、様々なチャレンジをしたplenty。持つ武器も非常に多彩になったこのバンドに中村一太という新たなピースが加わり、再び3ピースバンドとして再構築を行った事で以前より遥かに強度が増した気がします。

 

去年よりバンドとしてのチーム力を感じ取れたビバラロックでのパフォーマンスでした。

 

ただファンとして一言。客の入りがイマイチだったのは残念。もっと入ってもいいと思うんだけどな。。(その前にパフォーマンスしたインディゴぐらい)

しょうがないと思いつつ、ビバラを代表するアーティストになってほしいという複雑な感情が生まれたライブでもありました。

 

セットリスト

1.空から降る一億の星

2.体温

3.シャララ

4.明日から王様

5.先生のススメ

6.その叙情に

7.枠