今回は2016年10月末の9度目の通院と10度目の通院までの療養生活を纏めていきたいと思います。

utuhajimemashita.hatenablog.com

 

 さて9度目の通院ですが、8度目の通院で処方された薬と思いのほか相性が良く、今回初めて薬をそのまま継続する形となりました。ただ、「11月頭の職場復帰」のことが頭によぎると、強い不安感に襲われるようになったのはやはり「仕事」に強いストレスを感じているという実感がありました。。9度目の通院終了時点で下記5種類の薬を服用することになりました。(8度目と全く同じ内容です)

 

・ブロチゾラム(睡眠薬)0.25mgを寝る前に1

・クロチアゼパム(抗うつ剤)5mgを毎食後に0.5錠(合計1.5錠)

・ルネスタ(睡眠薬)2mgを寝る前に1

・サインバルタカプセル(抗うつ剤)30mgを朝食後に1日1カプセル

・エビリファイ(抗精神病薬)1mgを朝食後に1

 

 そして、医者と話し合った結果「11月頭の職場復帰」は時期尚早となり、「12月頭の職場復帰」を目指すことになりました。自分でもなかなか上手くいかないものだなぁという感じはありました。

 

 今回は10月末ということで、上司との面談がありました。上司には本来11月頭での復帰が12月頭になった旨を報告し、それに伴う「診断書」と「傷病手当金」の書類を提出しました。ここでの上司との会話は「会社の経営状態があまり良くない」といった経営面の話や「AさんとBさんが結婚した」などの雑談が主な話となり、病気の話は最初の数分だけとなっています。

※上司との面談も1か月に1度行うと、意外と話すネタに困るものです。あまり早く面談が終わるのも気まずいところもありますし。

 

 10度目の通院までの療養生活で、今回こそは治るのではという期待がありました。食欲もあり、倦怠感や無気力な自分から解放されつつあったからです。更に外出も遠くには行けませんが、近くであれば電車にも乗ることができるようになりました。周囲から見れば当たり前のことですが、私的には大きな飛躍だと思っています。

 

 今回はここまで。閲覧いただいた読者のあなたへ、ありがとうございました。またご指摘・質問等あればコメントのほどよろしくお願いいたします。