今回の参考事例は、栄養士が口にしない食べ物を参考にさせて頂きましたが、一般的に世に出回る商品でこれらを食べずに生活するのは難しいかと思います。軽減させたら良いなぁくらいの気持ちでご覧下さい。

ホットドッグ

ホットドッグに使われるソーセージは、動物のいろんな部位の肉を混ぜ合わせてできている。栄養士によれば、こういった“不自然な肉”は避けるべきだそう。

炭酸飲料

甘~い炭酸飲料には、たくさんの糖分が含まれており、カロリーも高い。もしどうしても炭酸飲料がやめられないというのであれば、月に1~2回に飲む頻度を減らし、ノンシュガーのフレーバーウォーターやアイスティーを代用すると良い。

では糖分が少なそうなダイエットコーラは・・・?

ダイエットコーラなどダイエット系の飲料は、人工甘味料を大量に含んでいる。また、ダイエットコーラは脳卒中や心筋梗塞、うつ病のリスクを上げるとの調査結果も報告されている。

  • 合成着色料、ダイエット用の代替食品、トランス脂肪酸 等                                 トランス脂肪酸は、主に以下のような食品に利用されています。
    マーガリンショートニング植物性油脂スナック菓子やクッキーなどカレールウ、シチュールウ、マヨネーズなどインスタント食品、レトルト食品揚げ物やてんぷら、フライ             参考リンク・・・http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1358784574/l50